インターネットによる取引先調査

コンプライアンスチェックが

驚くほど

楽になる

取引先を登録するだけでインターネットによる自動調査

Legal Serviceに変革を起こし続けるLegal Techカンパニー「GVA TECH」も推奨

コンプライアンスチェックの
デファクトスタンダード

RoboRoboコンプライアンスチェックであれば、幅広い有益な情報を、報道されていない隠れているところまで拡げて取得することができます。
そのうえ価格も低く使いやすいので、規模を問わずあらゆる企業が利用できるものだと思います。

インタビュー記事はコチラ

弁護士

「こんなお悩みありませんか?」
法務担当者様 100名にヒアリング

インターネット検索
課題「ベスト3」

1 調査対象が多い

何度も何度も検索...

検索対象の取引先が年々増えており全ての取引先のチェックを実施できていない。
また定期的な再チェックができていない。

2 記事の確認が大変

無用な記事まで確認...

検索対象の取引先を検索した際に、無関係な記事が大量に表示されるため記事のチェック作業にとにかく時間がかかる。

3 証跡の取得が面倒

管理が安定しない...

調査を実施した証跡(エビデンス)を残す必要があるが証跡の保存や管理が煩雑で運用できていない。

この課題RoboRoboなら解決 この課題RoboRoboなら解決

調査対象が多い

取引先を
一括登録するだけ

検索は自動

記事の確認が大変

関連する記事のみを
注目度別にリスト化

効率の良い確認

証跡の取得が面倒

全ての検索結果を
自動でPDF化

1クリックで保存

人によるコンプライアンスチェックとRoboRoboによるコンプライアンスチェックの作業の流れを比較

つまり
「 登録して、判断するだけ 」

検索対象100 件で作業時間を比較

従来のコンプライアンスチャック作業とRoboRoboによるコンプライアンスチェックの作業時間を比較 従来のコンプライアンスチャック作業とRoboRoboによるコンプライアンスチェックの作業時間を比較
作業時間95%削減

チェック他社サービスとの比較

コストパフォーマンス

他社とRoboRoboのサービスと価格を比較

RoboRoboコンプライアンスチェックの網羅性

他社とRoboRoboのインターネットによるリスク記事の取得数を比較 他社とRoboRoboのインターネットによるリスク記事の取得数を比較
お問合せ


コンプライアンスチェック

東証一部企業 RPAホールディングスグループが提供する
安心のセキュリティ体制!

お客様専用ページに検索結果を保持し、貴社の機密情報を守ります。
また、ISMS準拠のセキュリティで管理をし保護しています。

RPA導入実績3,000社以上

よくいただく
ご質問にお答えします

コンプライアンスチェックを実施したことがなく、そもそも何をどのようにしたら良いのかわからない。
一般的には公知情報の検索を行います。検索したい「会社名」「代表者名」と、ネガティブワード「逮捕、違法、暴力団」を掛け合わせてインターネット検索を実施し、検索結果のページをエビデンスとして画面キャプチャーなどに残す必要があります。
Google検索でのコンプライアンスチェックを行っていないが、する必要はあるのか?
大手証券会社では、「新聞雑誌の検索」と「インターネット検索」との2ソースから検索を実施することを推奨しています。
「RoboRoboコンプライアンスチェック」を利用すると、どのようなアウトプットが出力されるのか?
インターネット検索の結果(ページタイトル、ページの概要、URL)をCSVデータとして出力可能。また、検索されたWEBページの画面キャプチャーをPDFとして取得することもできます。
1件あたりどのくらいの時間で検索できるのか?
検索結果の表示は1件10秒ほどで完了。検索されたWEBページの画面キャプチャーのPDF取得は、1ページあたり5分前後で完了します。人が同様の作業をした場合、1件あたり15分~20分かかります。
自社で反社会勢力に関するデータベースを持っているのか?
「RoboRoboコンプライアンスチェック」は、Googleを活用した検索行為と検索結果のデータとりまとめを自動化するサービスです。検索結果でアラートの上がった対象企業や個人に関するより詳細の情報が必要な際は、オプションサービスとして提供可能です。