コンプライアンスチェックの
面倒な作業が

驚くほど楽になる

監修SBI証券 推奨GVA TECH

導入企業500社以上!

RoboRoboコンプライアンスチェックは、
取引先が法令を遵守していなかったり、
企業倫理や社会規範に反するような活動がないかを
自動でチェックができるクラウドサービスです。

上場企業に求められるコンプライアンスチェック品質基準がどなたでも実現でき、
法務、総務担当者様の生産性向上が期待できます。

お役立ち資料

3分でわかります。何をすればいいの?コンプライアンスチェック RoboRoboコンプライアンスチェックご利用シーン10選

の特徴

  • 01

    取引先登録は
    Excelをドラッグ&ドロップで

    簡単一括登録

    まとめて登録できます

    ※ 1件ずつの登録もできます

    取引先を簡単一括登録
  • 02

    取引先のチェックは
    何件でもまとめて

    1クリック自動検索

    1件ずつ検索する必要は
    もうありません

    1クリック自動検索
  • 03

    AIが関連する記事を

    3段階で自動選別

    注目度の「 高い 」
    見逃せない記事から
    効率よく確認できます

    AIが記事を自動選別
  • 04

    証跡の取得は

    まとめてダウンロード

    都度保存をしていた
    証跡作業をなくします

    証跡は一括ダウンロード
取引先100件のチェック作業時間が98%最大短縮
従来の作業とRoboRoboとの比較

担当者様の面倒で手間のかかる作業を大幅に削減できます

従来の作業とRoboRoboとの比較詳細
選ばれている理由RoboRoboコンプライアンスチェック
複数の上場支援実績を持つSBI証券様の監修,国際規格であるISMSに準拠した万全のセキュリティ,【メール・電話・WEB】専門スタッフによる安心サポート

よくいただく
ご質問にお答えします

コンプライアンスチェックを実施したことがなく、そもそも何をどのようにしたら良いのかわからない。
一般的には公知情報の検索を行います。検索したい「会社名」「代表者名」と、ネガティブワード「逮捕、違法、暴力団」を掛け合わせてインターネット検索を実施し、検索結果のページをエビデンスとして画面キャプチャーなどに残す必要があります。
Google検索でのコンプライアンスチェックを行っていないが、する必要はあるのか?
大手証券会社では、「新聞雑誌の検索」と「インターネット検索」との2ソースから検索を実施することを推奨しています。
「RoboRoboコンプライアンスチェック」を利用すると、どのようなアウトプットが出力されるのか?
インターネット検索の結果(ページタイトル、ページの概要、URL)をCSVデータとして出力可能。また、検索されたWEBページの画面キャプチャーをPDFとして取得することもできます。
1件あたりどのくらいの時間で検索できるのか?
検索結果の表示は1件10秒ほどで完了。検索されたWEBページの画面キャプチャーのPDF取得は、1ページあたり5分前後で完了します。人が同様の作業をした場合、1件あたり15分~20分かかります。
自社で反社会勢力に関するデータベースを持っているのか?
「RoboRoboコンプライアンスチェック」は、Googleを活用した検索行為と検索結果のデータとりまとめを自動化するサービスです。検索結果でアラートの上がった対象企業や個人に関するより詳細の情報が必要な際は、オプションサービスとして提供可能です。